本を読む最高のくつろぎのひと時、リフレッシュできます。本を読むたのしみをお伝えします。

主だったリーダーをご紹介

各端末の特徴や機能です。

スポンサーリンク

「Kindle Paperwhite」Amazon


1000冊以上を手の中に散歩をする時でも、旅行に行く時でも、好きな本を家に置き忘れる心配はありません。Kindle Paperwhiteなら、1000冊以上を保存できるので、お出かけ先にお気に入りの本をいつも持ち歩くことができます(コミックなど一部を除く)。

 

軽量で、鉛筆よりも薄い:Kindle Paperwhiteは1cm以下の薄さで、重さはたった213g。軽量でコンパクトなので、読書中も疲れにくく持ち運びにも便利です。

 

Wi-Fi内蔵:Kindle Paperwhiteなら、ご自宅のWi-Fiでもお出かけ先の無線LAN スポットでも簡単に接続できるので、好きな時にストアにアクセスして、欲しい本をダウンロード。

 

好きな本をわずか60秒でAmazonの品揃えから好きなタイトルを選んだら、購入して読み始めるまでにほとんど時間はかかりません。無料で高速のワイヤレス接続を使って、本を60秒でお届け(コミックなど一部を除く)。PCも不要です。

 

Kindle Paperwhite (2012年モデル)の詳細と購入はコチラ

 

 

「Reader PRS-T2」ソニー


ページ送り時の残像を抑え、画面の白黒反転の低減や電子ペーパーの採用による快適な読書体験を実現:前ページで表示されていた文字の残像を抑える独自のアルゴリズムを用いることで、電子ペーパーの特性として必要な画面の白黒反転を、最大15ページに1回※4に低減し、さらに快適な読書を実現しています。ディスプレイには、E Ink?社の電子ペーパー「Pearl」を採用、高コントラストと16階調のグレースケールにより、文字も画像も自然に美しく表現できます。バックライトを使用しないので目が疲れにくく、長時間の読書も快適に楽しめます。

 

大型のアイコン型操作ボタンや簡単で使いやすいメニューの採用による操作性の向上:大型のアイコン型操作ボタンをディスプレイのすぐ下に配置したことで、片手でも簡単に操作することができます。また、ホームメニューでは「本棚」「アプリケーション」ボタンを新設し、これまで2ページだったホーム画面を1ページに集約。シンプルで分かりやすくしたことで、スムーズな操作性を実現し、初めての操作でも手軽に使えます。

 

長時間読める高いスタミナ性能と薄型軽量ボディ:1回の充電で約2カ月間※の読書が可能な高いスタミナ性能を最薄部9.1mm、質量約164g(従来機種「PRS-T1」よりも約4g軽量化)の薄型軽量ボディに搭載しています。※ワイヤレスオフ時。テキストベースのXMDFドキュメントを約1分/1ページで、1日約30分間読書した場合。

 

読書体験をより便利にする、端末間のページ同期機能の搭載や、Facebook・Evernoteへの対応:別の端末で続きのページから読める同期機能※1を搭載。これにより、外出中にAndroid搭載スマートフォンで読んでいたページの続きを、手軽に同期し、家では専用端末でじっくり読むといった体験を実現します。また、新たにFacebook※2に対応し、本の感想や、タイトル、著者名などの書籍情報、気に入ったフレーズを簡単に共有できます。さらに、Evernote※3にも対応しているので、パソコンで閲覧しているブログやニュースなどをEvernote※3で保存すれば、最適なレイアウトでReaderにダウンロードしていつでも閲覧することができます。

 

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BCの詳細と購入はコチラ

 

 

「BookLive!Reader Lideo」BookLive


日本人が日本人のために作った電子書籍端末:電子書籍を読むことに特化した、BookLive!サービス専用電子書籍端末。

 

■紙の本に近い読書感!;目に優しい端末で、心行くまで読書を楽しめます。
画面には、紙に近い「電子ペーパー」ディスプレイを採用。
液晶ディスプレイのようにバックライトが光らないので、眼が疲れにくいのが特徴です。
太陽光や蛍光灯の下など明るい場所でも見やすく、消費電力もごくわずか。 紙の本のように、いつでもどこでも、長時間の読書も心行くまで楽しめます。
■いつでも、どこでも欲しい本が手に入ります:BookLive!なら書店アクセスがボタン1つ。
【書店】ボタンを押せば、トータル電子書籍ストアBookLive!につながります。
BookLive!には9万5千冊以上の蔵書数をそろえており、毎週続々新着入荷中。 24時間365日、電車の中でも旅行先でも家の中でも書店にアクセス。
■大量の本を軽々持ち運び!:約170gの端末に、最大3,000冊を持ち歩けます。
BookLive!の電子書籍専用端末の重さは約170gの文庫本サイズ。画面の大きなタブレットに比べると、3分の1程度と大変軽量で、 かばんにも内ポケットにも入り、持ち運びにも便利です。
端末1台に入る本のデータは書籍なら約3,000冊、マンガなら約75冊。もう外出先に持っていく本を都度選ぶ必要はありません。本棚ごと持ち歩いて、好きな本をすきなだけ、読みたい本を読みたいだけどうぞ
■便利な機能いろいろ:マーカー/辞書機能/文字サイズであなた好みにカスタマイズ
電子書籍は読みにくい、と思っていませんか?BookLive!なら、読書をより楽しめる機能がたくさん揃っています。簡単につけられるしおりやマーカー機能。
つけた個所も一覧で確認でき、読み返したい重要な個所をすぐに開けます。 辞書機能も搭載しているので、読書中わからない単語をさっと調べられます。
文字の大きさも5段階で設定可能。ざっと読みたいときは小さめに、じっくり読みたいときは大きめの字など、 あなた好みにカスタマイズしてご利用ください。
■お色はブラックとシャンパンホワイトの2色

 

BookLive!Reader Lideo BL-121 - ブラック(電子書籍専用端末 ブックライブリーダー リディオ BL-121 - ブラック)の詳細と購入はコチラ

 

 

「kobo glo」楽天


フロントライト搭載:フロントライトは、一般的な液晶画面とは異なり、ライトがディスプレイの手前から、画面全体を均一に照らすので、暗い場所でも紙に印刷された本を読むような感覚で、読書が楽しめます。長時間画面を見ていても目が疲れにくいことも特徴です。

 

高解像度ディスプレイ:kobo gloの6インチ電子ペーパーは、従来の電子ブックリーダーと比べ*画面解像度が向上し、小さなルビ(ふりがな)もつぶれることなく、はっきりと読むことができます。
*kobo Touchとの比較

 

4色のカラーバリエーション:ブラックナイト、シルバースター、ブルームーン、ピンクサンセットの4色のカラーバリエーションの中からあなたのライフスタイルにあわせて、お好みの色を選ぶことができます。

 

スムーズなページ送りと簡単設定:指一本で簡単にページ送り。従来の電子ブックリーダーと比べ**、画面表示の処理速度が向上し、より快適な操作性が実現しました。また、左右のページ送りに必要なタップやスワイプポイントの操作設定を簡単に行えるので、読書状況に応じた持ち方が可能です。
**kobo Touchとの比較

 

大容量内蔵メモリとmicroSDカード拡張:内蔵メモリにはテキストベースの本で約1,000点分、コミックだと約20~50点分がストック可能です。さらにmicroSDカードで容量を拡張すれば、たとえばデータの大きなコミックをシリーズで持ち歩くことができます。

 

省電力でバッテリー長持ち:フル充電で約1ヶ月、通勤・出張・旅行先など、こまめに充電できない時に威力を発揮します。

 

無料のクラウドに自動バックアップ:購入した電子ブックコンテンツは無料のクラウドに自動バックアップ。ウェブの管理画面で、クラウドからkobo端末への出し入れが自由にできます。

 

24時間どこからでも本を購入:読みたい時にkobo端末やお使いのPC、スマートフォン、タブレットでもkoboイーブックストアにアクセスしてかんたんに本を購入、読書が開始できます。

 

プレビュー機能で試し読み:本が好きだからこそこだわりたい本選び。気になる本は購入前にプレビュー機能で試し読みはいかがですか。

 

パソコン不要で簡単にご利用開始:初期設定もWi-Fi経由で簡単にセットアップ。kobo端末から直接本を買えるので、パソコンをお持ちでない方でもすぐにご利用いただけます。

 

あなたの本棚をお手元で簡単整理:ご自宅の本棚をもっと便利にお手元に。あなたの電子書籍を自由に分類・整理できるからいつでも読みたい電子ブックコンテンツをすぐに見つけられます。

 

フォント、文字サイズもお好みに合わせて調整可能:フォントの種類や文字サイズの大小を自由に調整できます。

 

自動しおり機能で、すぐに読書再開:いま読んでいるページを自動で記録。読書の途中で電源を切っても、読んでいたページがすぐ開きます。 気になったページにしおりをつけて、後から読み返すこともできます。

 

無料辞書機能でその場で調べもの:無料で国語辞書や英和辞書のを搭載。読書中に気になるキーワードをその場で調べて読み進めることができます。

 

文章内検索::文章内で読みたい場所にキーワード検索ですぐアクセスできます。

 

リーディングライフ:リーディングライフ機能は、あなたが読了するまでの時間やよく読むジャンルなどの、読書傾向を簡単に教えてくれます。

 

電子ブックリーダー 楽天kobo glo ...詳細と購入はコチラ

主な電子書籍端末関連ページ

電子書籍端末の特徴

トップ 読書雑感 プロフィール