百田尚樹の本を紹介します

百田尚樹の本を読みました。書名をクリックするとその本の紹介へジャンプします。

海賊とよばれた男 百田尚樹 講談社

海賊とよばれた男(上) 百田尚樹

 

海賊とよばれた男(下) 百田尚樹

 

内容(裏表紙のあらすじより)

「ならん、ひとりの馘首もならん!」--異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも解雇せず、旧海軍の残油浚いなどで糊口をしのぎながら、逞しく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とは--出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション・ノベル、『永遠の0』の作者・百田尚樹氏畢生の大作その前編。

 

敵は七人の魔女(セブン・シスターズ)、待ち構えるのは英国海軍。敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、巨大国際石油資本「メジャー」たちだった。日系石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙される。一方、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーのひとつアングロ・イラニアン社(現BP)に支配されていたイランは、国有化を宣言したため、国際的に孤立し、経済封鎖で追いつめられる。イギリスはペルシャ湾に軍艦を派遣。両国の緊張が走る一触即発の海域に向けて、一隻の日本のタンカー「日章丸」が極秘裏に神戸港から出港した――。世界を驚倒させた「日章丸事件」に材をとった、圧倒的感動の歴史経済小説、ここに完結。

わたしの感想

すごい人達がいたんですね。
長いものには巻かれろとか、協調性とかとは正反対の行動に見える、とくに日本の一般的な考え方からはそうとしか見えない。
主人公の国岡鐵造の信念に基づいた一貫した行動、それについていく社員たち。
猛烈とかブラックとか言う尺度とは違った、壮絶さが作中から伝わってきた。
人は財産ということを聞くが、ここではそれを本当に実践した事がよくわかった。
徳山の工場を8ヶ月で完成させたエピソードは痛快。
作中には、自分たちの利益だけを追求する多くの敵が出てくるが、本当に腹が立つ。
よくそれに負けなかったものだ。本当に信念だけでこれだけのことが成し遂げられるものだろうか?
ただただすごいと思う。
一人でも多くの日本人にこの事実を知らせたいと思って作品を手掛けた百田さんにも惨事を贈りたいと思う。(2017.12.13)

スポンサーリンク

風の中のマリア 百田尚樹 講談社文庫

風の中のマリア 百田尚樹

内容(裏表紙のあらすじより)

命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと、「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。
ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。

わたしの感想

不思議な作品。スズメバチの生態が意図せずに詳しくわかってしまう。別に知りたくもなかったのに知らされてしまう。オオスズメバチの戦士マリアの生きていく姿を追いかけていくうちにそうなってしまう仕掛けだ。
ストーリーが実に面白い。これが事実に基づいているというから驚きだ。途中で科学書的な解説が混じってきて、単純な小説(フィクション)ではないことに気付かされる。描かれている内容がわずか1年の間に起きるということに驚かされる。
スズメバチとかミツバチとかの社会について知ることができたことに感謝したい。
作者はなぜこの作品を著したのか?
こんなにも一生懸命に生きている生物、そして集団の中で、それぞれが自分の役割を果たしている様子。おそらく一番は、オオスズメバチの驚くべき生態を知って、それを世間に知らしめたいと強く思ったのではないか?
スズメバチというと、見ただけで駆除しなければと最初に感じてしまうのが当たり前になっているが、単純にそういう対応でいいのだろうか?それも問いかけたかったのではないか?
また、この作品を読んだ読者は、自分の生きざまと照らしてみる。ちょっと立ち止まって考えてみる。そういうことも期待したのかもしれないな。これは考えすぎかな。(2017.10.13)

 

永遠の0ゼロ (講談社文庫) 百田尚樹

あらすじ

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる―。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。

スポンサーリンク

ブログパーツUL5


トップ 読書雑感 プロフィール